留袖レンタルの嬉しいサービスと知っておきたい留袖の髪型マナー【Fashion Clothes】
HOME>イチオシ情報>留袖レンタルの嬉しいサービスと知っておきたい留袖の髪型マナー

お祝い事に着ていく着物が無い!

急なお祝い事に出席で着物が必要な場合、一式を購入するとかなりの費用がかかります。最近ではお祝い事向けの留袖レンタルを行っている所があります。一式揃っているので、自分で準備する必要はありません。柄も豊富なので、自分の好みの留袖をレンタルする事ができますよ。留袖をレンタルする際は自分に合ったサイズを選ぶ必要があります。着付け方によって少し大きいサイズでも着られますが、不安な人は、一度レンタル会社に問い合わせする事をおすすめします。また、コーディネートに自信のない人は、着物コンシェルジュがどの留袖が似合うかコーディネートしてくれる所もあります。

黒留袖レンタルで選べる柄の種類

  • 御所車
  • 貝桶
  • 鴛鴦
  • 貝桶
  • 鴛鴦

留袖には髪型のマナーがある?

小物

お祝い事で着る事のある留袖には、髪型のマナーがあるので覚えておきましょう。留袖は髪の毛を下に垂らさないのが基本です。なので、髪が長くて肩についたり、襟足にかかる場合は髪をアップにして纏めておきましょう。髪が短い人やボリュームが足りない人はつけ毛やかもじをしたり、毛先を重くみせるスタイリングをすると留袖に合う髪型に仕上がりますよ。自分でスタイリングする場合は、ワックスや髪型が崩れないようにするスプレーを利用するのがおすすめです。

身につける小物も忘れずに

中年女性

留袖を身につける際は小物にも気を配っておく事も大切です。礼装には末広と呼ばれる留袖に差す為の扇があります。扇の骨組みが黒く塗られていて、骨組みに挟まれている地紙は金色や銀色のものが多いです。本来の扇として使うものではなく儀式用のものなので、広げて使わないようにしましょう。留袖の帯の左側に差すのが一般的です。

嬉しいサービス

女性

留袖レンタルを行う会社の中には、嬉しい宅配サービスを行っている所があります。多くの場合、配送先がコンビニか自宅の所が多いですが式場やホテルにも留袖宅配をできるので、着付けを式場やホテルでする事ができます。